2021年05月02日

『トンネルズ&トロールズ完全版』用ソロアドベンチャー「青龍奇縁」


 本日2021年5月2日の「FT新聞」No.3021で、『トンネルズ&トロールズ完全版』用のソロアドベンチャー『青龍奇縁』が配信。
 これは中国人留学生アダジョ氏が東海大学文芸創作学科の講義で提出した作品を原案とし、岡和田晃が徹底改稿したオリエンタルアドベンチャーです。
 T&Tでフランク・オーウェンや金庸ばりの武侠!? という面白さもあるのですが、伏見健二『ピークス・オブ・ファンタジー』の未発表の第2版の資料「アイスバーン」も使っており、そういった意味でも貴重な作品だと思います。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
『トンネルズ&トロールズ完全版』用ソロアドベンチャー
「青龍奇縁」

著:岡和田晃/アダジョ
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

●はじめに
 このシナリオは『トンネルズ&トロールズ(T&T)完全版』のソロアドベンチャーです。プレイのためには、『T&T完全版』のルールブックまたは簡易ルールが必要です。簡易ルールは、『傭兵剣士』『コッロールの恐怖』『怪奇の国のアリス』等の〈T&Tアドベンチャーシリーズ〉に収められています。また、「GMウォーロック」創刊号のミニソロアドベンチャーに付属しているQRコードから、よりハンディなミニルールにジャンプすることも可能です。

●本シナリオについて
 本シナリオは2019年度秋学期に岡和田晃が東海大学文芸創作学科で開講したゲームデザイン論のレポートの優秀作品を原案とし、ディベロップメントをやり直しつつ日本語表現の徹底改稿を施したものです。
 アダジョ氏は中国人留学生で、本シナリオは金傭『天龍八部』など武侠小説の影響を受けており、フランク・オーウェンの小説のようなユニークなオリエンタル・ファンタジーに仕上がっています。
 なお、設定の一部は、『ピークス・オブ・ファンタジー』の第2版(未発表)のために伏見健二氏がデザインしていた「アイスバーン」を参考にしています(許諾済)。
 「FT新聞」掲載にあたっては、水波流編集長の助言を得て、さらなる改稿を加えました。関係各位にこの場を借りて感謝します。


↓続きはこちら
https://ftbooks.xyz/ftnews/gamebook/QingLongQiChuan.pdf

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
■今日の新聞に対するお便りはコチラ!
ぜひ、ご感想・お叱りなど一言ご意見ください。m(_ _)m

https://ftbooks.xyz/ftshinbun/report
posted by AGS at 10:53| 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする