2013年03月11日

【活動報告】Analog Game Studies第10回読書会報告&各種活動報告

―――――――――――――――――――――――――

【活動報告】Analog Game Studies第10回読書会報告&各種活動報告

 岡和田晃

―――――――――――――――――――――――――

 2013年1月某日、Analog Game Studiesの第10回読書会が開催されました。今回の課題図書は、ケイティ・サレン&エリック・ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(ソフトバンククリエイティブ)で、15章「不確かさのシステムとしてのゲーム」から21章「ルールを破るということ」までの議論が行なわれました。今回の読書会で『ルールズ・オブ・プレイ』上巻の精読が終了し、時間をかけて、ゲームを理論的に捉えるための基礎を確認することができました。
ルールズ・オブ・プレイ(上) ゲームデザインの基礎 [単行本] / ケイティ・サレン, エリック・ジマーマン (著); 山本 貴光 (翻訳); ソフトバンククリエイティブ (刊)
 また、今回の会合では、AGSが創設から2周年を迎えたことを機会とし、これまでの活動成果をふまえながら、新たな活動コンセプトをいかに組み立てていくべきか、抜本的な話し合いが行なわれました。
 これまでAGSは、「アナログゲームを中心とした産学連携」を合い言葉に、ゲームとそれ以外の社会的要素を繋ぐべく、現場のクリエイターや研究家・学術者・ファンたちが情報発信と実践をしていくプロジェクト」として自らを位置づけ、読者の皆さま、執筆協力者の皆さまに、多大なご支援をいただき、おかげさまで、いくつもの成果を出すことができました。本当にありがとうございます。
 10回目の読書会である本会では、そうした成果をふまえて、AGSが新たなステージへ踏み出すために、活動初期のコンセプトを、より具体的に、より身近に、より実践的に編成し直そうと、熱心に話し合いが行なわれました。結果、下記2点を活動の柱とし、より実践的な展開をしていくことになりました。

・ゲームと社会、そしてメディアの関わりについて、そのルールシステムの内と外から、さまざまな学術や芸術の方法論を通じてアプローチできるという事実・言説を育てていく。

・ゲームを“その場で生きたもの”として捉え、情報発信と実践を通してコミュニティの枠を広げながら、ゲームと人生を豊かにする。


 併せて、本ウェブログのトップのキャッチも変更させていただきます。
 改めまして、今後も皆さまのご理解・ご支援をよろしくお願い申し上げます。



・アナログゲーム専門店Role&Roll Station秋葉原店にて、2012年3月17日にポストヒューマンRPG『エクリプス・フェイズ』の体験会が開催されます。まだ参加者を募集しておりますので、ぜひお越しください。AGSメンバーが協力させていただいているイベントです。

・東京創元社のウェブマガジン「Webミステリーズ!」2013年3月5日更新号に、「第33回日本SF大賞受賞記念インタビュー――宮内悠介『盤上の夜』を語り尽くす!」と題し、第33回日本SF大賞受賞作家・宮内悠介氏を囲んだ長篇鼎談が掲載されましたが、こちらにAnalog Game Studies顧問の草場純氏と、代表・岡和田晃が参加させていただきました。『盤上の夜』はアナログゲームを題材とした小説で、Analog Game Studies読者の方でしたら、間違いなくお楽しみいただける内容です。鼎談では、ゲームの理論的側面について、かなり、突っ込んだ議論も行なわれています。無料で閲覧できますので、ぜひともご覧ください。
盤上の夜 (創元日本SF叢書) [単行本] / 宮内 悠介 (著); 東京創元社 (刊)

・2012年2月3日には、市民講座「SF乱学講座」にて、齋藤路恵氏が「日本における同性愛“者”の発見/発明」と題した講演を行ない、好評を得ました。また、AGSメンバーは、翌3月3日に開催された講座、「第二次大戦中・おらが村に落とされた一発の大型爆弾」(講師:『植民地時代の古本屋たち』の著者・沖田信悦氏)の開催協力をさせていただきました。パンプキン爆弾(模擬原爆)や、植民地の古書肆についてなど、貴重なお話を多々うかがうことができました。ご来場いただいた皆さまに感謝します。
植民地時代の古本屋たち 樺太・朝鮮・台湾・満洲・中華民国−空白の庶民史|沖田信悦|寿郎社|送料無料
posted by AGS at 02:31| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

【活動報告】Analog Game Studies第9回読書会報告&各種活動報告


―――――――――――――――――――――――――

【活動報告】Analog Game Studies第9回読書会報告&各種活動報告

 岡和田晃

―――――――――――――――――――――――――

 2012年12月某日、Analog Game Studiesの第9回読書会が開催されました。課題図書は、池田雄一『メガ・クリティック』(文藝春秋)、そして、第8回から引き続き、ケイティ・サレン&エリック・ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(ソフトバンククリエイティブ)を使用しました。

メガクリティック―ジャンルの闘争としての文学 [単行本] / 池田 雄一 (著); 文藝春秋 (刊)ルールズ・オブ・プレイ(上) ゲームデザインの基礎 [単行本] / ケイティ・サレン, エリック・ジマーマン (著); 山本 貴光 (翻訳); ソフトバンククリエイティブ (刊)
 池田雄一『メガ・クリティック』は、現在の文芸ジャーナリズムを取り巻く言説が――とりわけブロックバスターを求める状況のうちで――狭いジャンル論の枠組みのなかへ自らを回収しようする状況が存在するとして、そうした自体がいかなる構造のうちに成り立っているのか、きちんと見極める眼差しのあり方を文学作品の読解を通じて提示する書物でした。参加者は本書の言説の背後にはどういった文脈があるのかを確認し、ゲームにも強い影響を及ぼしている「ジャンル」について、それぞれの考えを話し合いました。

 サレン&ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』については、かつてAGSでも簡単に紹介したことのあるゲーム批評の基本書ですが、その精読の続きを行ないました。今回は8章から14章までのレジュメが作られ、密度の高い討議が交わされました。



・Analog Game Studies顧問の草場純氏が、台湾製のカードゲーム『Desire』の日本版ルールを作成しておりましたが、公式サイトから無料ダウンロード可能になりました。ご興味のある向きはぜひダウンロードしてみてください。

・Analog Game Studiesでは、市民講座「SF乱学講座」に協力し、関連記事を掲載してまいりました。「SF乱学講座聴講記:蔵原大「ウォーゲームの歴史――クラウゼヴィッツ,H.G.ウェルズ、オバマ大統領まで」」(齋藤路恵)「SF乱学講座聴講記 門倉直人、小泉雅也「日本昔話「昔々、あるところでポストヒューマンが……」――その後の日本神話とデジタル物理学から」」(田島淳)を参照いただけましたら、幸いです。
 そして2012年2月3日には、齋藤路恵氏が「日本における同性愛"者"の発見/発明」と題した講演を行ないます。ご興味のある方は、ぜひお越しください。詳しくはSF乱学講座公式サイト、または「SFマガジン」2012年3月号の告知をご覧ください。

・2012年1月13日に、岡和田晃が「Role&Roll」100号記念コンベンション「R-CON100」にゲームマスターとしてゲスト参加させて頂きました。「Role&Roll」Vol.100には、Analog Game Studies1周年企画として「ゲームブック温故知新――「ブックゲーム」という冒険」に多大なご協力を頂きましたフーゴ・ハル(HUGO HALL)さまの新作ブックゲーム「タダ乗り師ホーボーの攻防」が掲載されています。要チェックです。
Role&Roll Vol.100 [単行本] / アークライト (編集); 新紀元社 (刊)
・日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」にて、『エクリプス・フェイズ』のシェアードワールド小説企画第2期が開始されています(http://prologuewave.com/archives/2351)。AGSメンバーは翻訳チーム参加、雑誌記事チェック、イベント支援などの協力をさせていただいております。
・アナログゲーム専門店Role&Roll Station秋葉原店にて、2012年2月16日に『エクリプス・フェイズ』体験会が開催されます。まだ参加者を募集しておりますので、ぜひお越しください

・AGSが協力させていただいております、『ウォーハンマーRPG』体験会の第9回が、Role&Roll Station秋葉原店にて、2012年2月11日に開催されます。すでに定員に達し、締めきりましたが、今年も『ウォーハンマーRPG』体験会は開催して参りますので、実行委員会のウェブログをご確認ください。参加者アンケートをはじめ、もろもろの関連情報が掲載されております。ぜひお立ち寄りください。

 その他、AGSメンバーは個々の名義で商業誌にて執筆活動、個別に活動を行なっております。代表・岡和田晃は、2012年1月18日に、ジュンク堂書店池袋本店で、『まだ間に合う「ハヤカワSFコンテスト」』トークショウの司会をつとめました。その他、新聞やゲーム専門誌、各種文芸誌、学術出版社の雑誌等に寄稿・協力しています。詳しくは岡和田晃の個人サイト「Flying to Wake Island」をご覧ください。
posted by AGS at 13:37| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

【活動報告】Analog Game Studies第8回読書会報告&各種活動報告

―――――――――――――――――――――――――

【活動報告】Analog Game Studies第8回読書会報告&各種活動報告

 岡和田晃

―――――――――――――――――――――――――

 2012年9月某日、Analog Game Studiesの第8回読書会が開催されました。課題図書は、上野顕太郎『さよならもいわずに』および『夜は千の眼を持つ』(ともにエンターブレイン)そして、ケイティ・サレン&エリック・ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』(ソフトバンククリエイティブ)を使用しました。
さよならもいわずに (ビームコミックス) [コミック] / 上野 顕太郎 (著); エンターブレイン (刊)夜は千の眼を持つ (ビームコミックス) [コミック] / 上野 顕太郎 (著); エンターブレイン (刊)
ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎 上|ケイティ・サレン/エリック・ジマーマン/山本貴光|ソフトバンククリエイティブ|送料無料

 上野顕太郎の二作については、発表担当者が「上野顕太郎のマンガ表現について」という詳細なレジュメを作成し『さよならもいわずに』と「ダダ漏れの随想」の違い、末尾での再婚の話の必要性、笑いどころ、ルネ・マグリットの美術表現などとの関わりにおいて具体的な表現のあり方が考察されていきました。後半は雑誌「ガロ」についての話が中心となり、オルタナティヴ・コミック談義に花が咲きました。

 サレン&ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ』については、かつてAGSでも簡単に紹介したことのあるゲーム批評の基本書ですが、改めて一から精読を開始しました。今回は1章から7章までのレジュメが作られ、密度の高い討議が交わされました。



・Analog Game Studies顧問の草場純が、2012年11月4日に「NHK Eテレ」で放送された「日曜美術館
華麗なるシルクロードの調べ 〜第64回正倉院展〜」
に出演し、盤双六についての解説コメントを行ないました。また、草場純は最近頒布された台湾製カードゲーム『デザイア』の日本版ルールを作成いたしました。

・2012年11月11日に「明神下ゲーム研究会」および東京都成人発達障害当事者会「Communication Community ・ イイトコサガシ」が主催する、発達障害の当事者の方々と支援者の方々が共にゲームを楽しむ会話型RPGコンベンション「MISSION IMPOSSIBLE」の第2回「MI:02」が東京大学本郷キャンパスにて開催され、無事盛会のうちに終了いたしました。
 AGSからは、岡和田晃、高橋志行、田島淳、齋藤路恵、八重樫尚史がゲームマスターとして、伊藤大地、髭熊五郎がプレイヤーとして参加しました。ご参加いただいた皆さまに、厚く感謝いたします。

・2012年11月24日に「遊戯史学会 第24回例会」で、AGSメンバーの蔵原大が「ウォーゲーミングの近現代史」という講演を行ない、好評を得ました。ご来場いただいた皆さまに厚く感謝します。

・日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」にて、『エクリプス・フェイズ』のシェアードワールド小説企画第2期が開始されました。AGSメンバーは翻訳チーム参加、雑誌記事チェック、イベント支援などの協力をさせていただいております。
 「SF Prologue Wave」の2012年12月20日更新回には、齋藤路恵、蔵原大、仲知喜が共同執筆した新作「蝿の娘」が公開されたばかりです。片理誠氏のコラム「デジタルの夢/アナログの夢、NEOの近況について」でもAGSとの連携を取り上げていただきました。
 その他、AGSメンバーは個々の名義で商業誌にて執筆活動を行なっております。代表・岡和田晃は新聞やゲーム専門誌、各種文芸誌、学術出版社の雑誌等に寄稿・協力しています。また岡和田晃は2012年12月22日に、筑波大学で「アイヌならざる者の現代アイヌ文学」と題した講演を行ないます。詳しくは岡和田晃の個人サイト「Flying to Wake Island」をご覧ください。

・アナログゲーム専門店Role&Roll Station秋葉原店にて、第15回・第16回『エクリプス・フェイズ』体験会が開催されました。また、2013年1月13日には、「Role&Roll」100号記念のゲーム・イベント「R.CON 100」が開催され、そこで『エクリプス・フェイズ』を遊ぶことができます(ゲームマスターは岡和田晃)。詳しい参加要項は、「Role&Roll」Vol.99(アークライト/新紀元社)をご確認いただけましたら幸いです。

・AGSが協力させていただいております、『ウォーハンマーRPG』体験会の第8回が開催され、好評をいただきました。『ウォーハンマーRPG』体験会実行委員会のウェブログでは、参加者アンケートをはじめ、もろもろの関連情報が掲載されております。ぜひお立ち寄りください。

・サンセットゲームズから発売中の会話型RPG『ハーンワールド/ハーンマスター』シリーズの新作入門アドベンチャー・モジュール『雛菊の野』が完成し、2013年に発売される予定です。AGSからは、田島淳が翻訳協力としてクレジットされ、岡和田晃と伊藤大地、仲知喜がチェックやテストプレイを行ないました。
 これ一冊、スタンドアローンで遊べる優れた冒険シナリオですが、舞台となる荘園「ファルカス庄」についての詳細きわまる設定が完備された設定集としても活用できます。プレロールド・キャラクター(作成済みキャラクター)やクイックスタート・ルール(入門ルール)、地図が完備され、『ハーン』世界の冒険が、この一冊で体感できる仕様となっています。2013年の発売を、愉しみにお待ちいただけましたら幸いです。
雛菊の野.jpg
posted by AGS at 15:28| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

【活動報告】Analog Game Studies第7回読書会報告&各種活動報告


―――――――――――――――――――――――――

【活動報告】Analog Game Studies第7回読書会報告&各種活動報告

 岡和田晃、高橋志行

―――――――――――――――――――――――――

 2012年7月某日、Analog Game Studiesの第7回読書会が開催されました。課題図書は、フィリップ・リーヴ『アーサー王ここに眠る』(東京創元社)、およびロジェ・カイヨワ『遊びと人間』(講談社学術文庫)の2冊でした。今回は新しい試みとして、Skype通信を利用して、遠隔地のAGSメンバーとリアルタイムで読書会を実況中継してみました。
アーサー王ここに眠る (創元ブックランド) [単行本] / フィリップ・リーヴ (著); 羽住 都 (イラスト); 井辻 朱美 (翻訳); 東京創元社 (刊)遊びと人間 (講談社学術文庫) [文庫] / ロジェ カイヨワ (著); 多田 道太郎, 塚崎 幹夫 (翻訳); 講談社 (刊)

 フィリップ・リーヴ『アーサー王ここに眠る』については、ケルト神話とアーサー王伝説、モダン・ファンタジーの伝統におけるアーサリアン・ファンタジーの位置づけ、児童文学と女性表象、さらには芸術における「リミックス」の問題など、さまざまな議論が交わされました。

 ロジェ・カイヨワ『遊びと人間』については、ゲーム・スタディーズ(ルドロジー)の基礎文献の再確認という文脈で取り上げたものです。フリードリヒ・シラーの「遊戯」概念、ゲームと「聖なるもの」について、“アゴン(競争)/アレア(運)/ミミクリ(模擬)/イリンクス(眩暈)”という四分類の再考など、意義ある検討がなされました。



・AGS顧問の草場純氏が、東京都の上野の森美術館で開催中の特別展「ツタンカーメン展〜黄金の秘宝と少年王の真実〜」に関連し、産経新聞からの取材を受けました(http://sankei.jp.msn.com/life/news/120806/art12080615240006-n1.htm)(http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120807/cpd1208070905011-n1.htm)。
 また草場純氏は、2012年9月6日の「憲法ゼミナール」にて近代公娼制度についての研究発表を行ない、10月8日のバックギャモン学会にて「双六独稽古におけるオープニングロールの検討」という発表をするなど、順調に講演活動を続けております。

・パシフィコ横浜で開催されたCEDEC2012にて、AGSより蔵原大・高橋志行の両氏が講演者側で参加致しました。CEDEC(セデック)は国内ゲーム業界最大のゲーム開発者向けカンファレンスであり、今年も08月20日から22日にかけての計3日間開催されました。
 蔵原・高橋両氏は2012年08月21日(火)に「これからのシリアスゲーム開発:海外政府機関におけるB to Bゲーム(ウォーゲーミング)開発の実際」という論題で発表しました。大会場にもかかわらず多くの聴講者に恵まれ、大変有意義な情報共有が出来たものと考えております。
 AGSは、このCEDEC参加をはじめ、狭義のアナログゲームだけでなく、コンピュータゲームやビデオゲームとも交わるイベントへも積極的に参加しております。

・2012年8月31〜9月2日に開催されたジャパンゲームコンベンション(JGC)2012で、Analog Game Studies有志が、本格ファンタジーRPG『ハーンマスター』体験会に、ゲームマスターおよびサポートプレイヤーとして参加いたしました。のべ50人以上のご来場をいただき、大盛況でした。ご来場いただいた皆さまに、厚く感謝いたします。

・日本SF作家クラブ公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」にて、齋藤路恵氏がオリジナル小説「犬と睦言」を寄稿いたしました。齋藤路恵氏は美術・アートの情報を紹介するウェブサイト「artscape[アートスケープ]」の「アートフラッシュニュース」に、「越後妻有トリエンナーレ2012、お勧め作品紹介」を寄稿してもおります。
 Analog Game Studiesメンバーは個々の名義で商業誌をはじめ各種媒体にて執筆活動を行なっております。代表・岡和田晃は共著を2冊刊行し、新聞やゲーム専門誌や学術出版社の雑誌等に寄稿・協力しています。詳しくは岡和田晃の個人サイト「Flying to Wake Island」をご覧ください。

・日本SF作家クラブの公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」にて、『エクリプス・フェイズ』のシェアードワールド小説企画第2期が開始されました。AGSメンバーは翻訳チーム参加、イベント支援などの協力をさせていただいております。
 来たる2012年10月21日には、アナログゲーム専門店Role&Roll Station秋葉原店にて、第14回『エクリプス・フェイズ』体験会が開催されますので、AGSウェブログをご覧の皆さまのご参加を、心よりお待ちしております。

・AGSが協力させていただいております、『ウォーハンマーRPG』体験会の第6回、7回が開催され、好評をいただきました。『ウォーハンマーRPG』体験会実行委員会のウェブログも開設され、もろもろ関連情報が記載されております。ぜひお立ち寄りください。



posted by AGS at 13:15| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

【活動報告】Analog Game Studies第6回読書会報告&各種活動報告


―――――――――――――――――――――――――

【活動報告】Analog Game Studies第6回読書会報告&各種活動報告

 岡和田晃

―――――――――――――――――――――――――

 2012年5月某日、Analog Game Studiesの第6回読書会が開催されました。課題図書は、古井由吉『杳子』(河出書房新社ほか)、および草場純『ゲーム探検隊』(グランペール)の2冊でした。
古井由吉自撰作品 1 杳子・妻隠/行隠れ/聖 (古井由吉自撰作品【全8巻】) [単行本] / 古井 由吉 (著); 河出書房新社 (刊)ゲーム探検隊-改訂新版- / グランペール
 古井由吉『杳子』については、古井由吉を専門に研究したことのある会員によって、「私小説」の定義、「私小説」におけるナラティヴと表現、スペキュレイティヴ・フィクションとしての「私小説」、物語論とゲームの関係、そして「私小説」と会話型RPGにおけるナラティヴを通した近似という観点にまで、議論が広げられました。

 草場純『ゲーム探検隊』については、「ゲームの確定性定理と非確定性定理」、「読みと感覚」などの章を分析し、アナログゲーム批評に必要な各種の要件と批評の性質、すなわち通史や原理論としてのアナログゲーム批評の在り方について、改めて議論がし直されました。



・2012年6月26日のゲームコミュニティサミットにおけるAnalog Game StudiesのARG(Alternate Reality Game)の発表(http://analoggamestudies.seesaa.net/article/268860746.html)は、無事、成功を収めました。ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

・2012年6月21日に、Analog Game Studies顧問の草場純氏が、茨城県南学習センターの「アフターファイブサロン」(http://www.kennan.gakusyu.ibk.ed.jp/afterfivesalon.html)で、「虹の色は何色か」と題した講義を行ないました。
 「「虹は七色」とは今でもよく聞かれる言葉ですが、本当に虹は七色でしょうか。太古より人間を魅了しつづけた虹現象を通して、物理と心理の接点へ迫ります。」と題し、実験を交えて、多数の来場者の方に好評をいただきました。2012年8月5日のSF乱学講座にて再演される予定です(http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5302/)。ゲームと直接の関係はありませんが、AGS読者の方にはお楽しみいただけること間違いなしの、遊び心溢れる講義です。
IMG_0957.jpgIMG_0956.jpg
・グランペールより会話型RPG『ラビットホール・ドロップス』が発売されました。Analog Game Studiesメンバーはコンセプトワークや展開に協力させていただいております。
ラビットホール・ドロップス / グランペール
ラビットホール・ドロップス / グランペール
 『ラビットホール・ドロップス』の公式サイト(http://www.blueforest.jp/~fushimi/RHD/)には、髭熊五郎氏のシナリオ「おなかすいた」、仲知喜氏のアート「牛になった騎士」、両名の合作である「世界踊り」を掲載いただいております。

・その他、Analog Game Studiesメンバーは個々の名義で商業誌にて執筆活動を行なっております。AGS顧問の草場純氏は「ボードゲームナビ」(2012−2)にボードゲーム『サンタ・クルーズ』のレビューを寄稿しております。代表・岡和田晃の仕事は個人サイト「Flying to Wake Island」をご覧ください。
ボードゲームナビ 世界中のゲームファンをナビゲート! 2012−02
ボードゲームナビ 世界中のゲームファンをナビゲート! 2012−02

・日本SF作家クラブの公認ネットマガジン「SF Prologue Wave」http://prologuewave.com/)において、創作者集団NEO、および『エクリプス・フェイズ』翻訳チームのご協力をいただき、会話型RPG『エクリプス・フェイズ』のシェアード・ワールド企画にAnalog Game Studiesのメンバーが参加しています。岡和田晃によるコンセプト解説「シェアード・ワールドとしての『エクリプス・フェイズ』はこちら(http://prologuewave.com/ep_explanetion)。
 2012年6月5日〜7月20日の4回に分けて、2011年6月に限定発行されたファンジン『Eclipse Phase Introduction Book for 2011 Japanese』(Analog Game Studies & 戦鎚傭兵団発行)をフルカラーPDFにて再録いただいております。
 内訳は……。
「特異点への突入」(待兼音二郎)
「衛星タイタンのある朝」(蔵原大&齋藤路恵)
「DOG TALE 犬の話」(仲知喜&蔵原大)
「Feel like makin' love――about infomorph sex」(齋藤路恵)
「戦う『ショートショート』又はボーイ・ミーツ・ガール」(蔵原大)

 以上5作品です。

・『エクリプス・フェイズ』体験会、『ウォーハンマーRPG』体験会、ともに好評をいただいて参りましたが、2012年7月22日には「Role&Roll Station」横浜店のプレイスペースを貸し切って第12回『エクリプス・フェイズ』体験会が開催されました。
 2012年8月には「Role&Roll Station」秋葉原店において、第6回『ウォーハンマーRPG』体験会が開催されます。皆さま、ぜひご参加いただけましたら幸いです。
Role&Roll Vol.92 [大型本] / アークライト (編集); 新紀元社 (刊)

posted by AGS at 22:54| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。