2011年09月16日

【活動報告】Analog Game Studies 第2回読書会報告


―――――――――――――――――――――――――

【活動報告】Analog Game Studies 第2回読書会報告(付記:「平田真夫/森山安雄の挑戦――ゲームブック『展覧会の絵』から小説『水の中、光の底』へ」のご紹介)

 岡和田晃

―――――――――――――――――――――――――

 第2期Analog Game Studiesは、主として査読体制の強化と会員の見識の拡大を目的とし、アナログゲームに関係したさまざまな分野についての読書会を開催することとなりました。
 本エントリでは、その模様を簡単に報告させていただきます。

 2011年8月に開催された第1回の読書会は、ゲームと密接な関わりのあるSF分野についてより深く考えるため、巽孝之編『日本SF論争史』(勁草書房)をテキストとし、活発な意見交換がなされました。
 そして9月に開催された第2回読書会では、第1回の復習に加え、先にWeb公開された山野浩一「NW-SF宣言」を確認しました。

 続いて、草場純「ゲームについて」(「SFマガジン」1976年2月号所収)を、著者自ら校訂を加えた版を用い、草場氏自身の解説を交えながら読みました。
 本稿は、日本で最も早い時期(デジタルゲーム黎明期以前)に商業媒体で書かれた(アナログ)ゲームについての理論的記事であり、ゲームの定義、卓上ゲームの分類(カードゲーム、ボードゲーム、テーブルゲーム)、そしてゲームの「多人数化」と「高次元化」をキーワードとしたゲームの発展モデルと具体例としての「立体チェス(草場氏による改案付き)」について語られました。
 草場純氏の「伝統ゲームを現代にプレイする意義」、さらには司馬光の研究や荻生徂徠のデザインしたアナログゲームについてなども語られました。この「ゲームについて」は、後に草場氏が手がける『ゲーム探検隊』(グランペール)の原型にもなった重要な仕事であるとともに、今後の理論的継承が待たれるものです。
ゲーム探検隊-改訂新版- / グランペール 

 読書会の後半は、齋藤路恵氏による「クィア・スタディーズ入門?」。これまで齋藤氏はSFセミナーというイベントにてクィア・スタディーズの視点を軸とした発表を行なっておりましたが、今回改めてAGS内にてクィア・スタディーズを考えてみることに相成りました。
 はじめは、ミシェル・フーコー『知への意思(性の歴史T)』、ジュディス・バトラー『ジェンダー・トラブル』、イグ・K・セジウィック『男同士の絆』『クローゼットの認識論』等の思想的著作から齋藤氏が何を学んだかが概説され、続いてクィア・スタディーズの成立史から近接/関連領域、さらには学んだ理論を実践でどう用いるのかというシミュレーションや、政治・文化諸分野にまたがる討議が交わされました。
 なおテキストとしては、ROS編著『恋愛のフツーがわかりません!! ゆらぎのセクシュアリティ考2』(アットワークス)も併用されました。

恋愛のフツーがわかりません!!―ゆらぎのセクシュアリティ考2 [単行本] / 迫 共, 今 将人 (著); ROS (編さん); アットワークス (刊)

 次回は11月、2冊の課題図書を用いた読書会が催される予定です。



 ほか、Analog Game Studiesメンバーの活動報告としましてご紹介させていただきたい仕事がございます。それは、東京創元社のウェブマガジン「Webミステリーズ!」に掲載された、下記の記事です。

「平田真夫/森山安雄の挑戦――ゲームブック『展覧会の絵』から小説『水の中、光の底』へ」(平田真夫/森山安雄×岡和田晃)
http://www.webmysteries.jp/sf/hirataokawada1109-1.html

 これは岡和田晃による、(伝説のゲームブック『展覧会の絵』の著者であり)このたび第一小説集『水の中、光の底』を上梓された平田真夫/森山安雄さんへのインタビューとなります。
 ゲームと文学はもとより、シュルレアリスム絵画やプログレッシヴ・ロックなどさまざまな分野を軸にした対話から、創作の秘密に迫ろうとするものです。ご興味のある方は、ぜひご覧ください。
 なお、『展覧会の絵』についての調査に協力をいただきました方々へ、この場を借りて厚くお礼申し上げます。

展覧会の絵 (ADVENTURE GAME NOVEL) [単行本] / 森山 安雄 (著); 創土社 (刊)水の中、光の底 [単行本] / 平田 真夫 (著); 東京創元社 (刊)
posted by AGS at 01:17| 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。