2011年09月13日

第2期Analog Game Studiesにおける『エクリプス・フェイズ』紹介開始のお知らせ


―――――――――――――――――――――――――

第2期Analog Game Studiesにおける『エクリプス・フェイズ』紹介開始のお知らせ

 岡和田晃

―――――――――――――――――――――――――

 Analog Game Studies第2期が始動して、1月あまりが経過いたしました。
 この間、第1期よりペースは落ちるものの、3本の記事を掲載することができました。Analog Game Studiesのメンバーによるレビュー記事が2点。そして、ミステリ作家・千澤のり子さまによる素晴らしいコラムを寄稿いただくことができた次第です。
 今後とも、変わらぬご愛読のほどを、よろしくお願い申し上げます。

 加えまして、ご報告が遅れましたが、読者の皆様に嬉しいお知らせがございます。
 第1期Analog Game Studiesでは、RPG『エクリプス・フェイズ』を積極的に応援してまいりましたが、このたび、ジャパンゲームコンベンション(JGC)2011というイベントにおいて、『エクリプス・フェイズ』の日本語化が決定し版元と契約交渉中というアナウンスがなされました。現在、ゲームデザイナー・朱鷺田祐介さまの監修のもとで、翻訳作業が開始されております。

 そしてAnalog Game Studiesからも、一部のメンバーが翻訳作業やイベント等に協力させていただくことになりました。『エクリプス・フェイズ』は、本国においてもウェブ上でのファン活動に支えられてきた側面の強い作品ですので、このAnalog Game Studies上においても(公式サポートではないものの)、日本における『エクリプス・フェイズ』の普及のため、微力ながら紹介活動を引き続き行なっていきたいと考えております。
 これまで応援いただいた読者の皆様、寄稿協力者の皆様に感謝いたします。
 未訳のルールシステムのため、手探りで紹介方法を模索している部分もあり、読者の皆様に色々とご迷惑をおかけしてしまうこともあるかと思いますが、何卒、あたたかく見守っていただけましたら幸甚です。

 なお、先般ゲームショップ「Role&Roll Station」にて開催されました、第1回『エクリプス・フェイズ』体験会(7月30日)は、盛況のうちに幕を閉じました。
 そして9月17日(土)には、新たに発足した「『エクリプス・フェイズ』体験会実行委員会」が中心となり、「Role&Roll Station」さまのご協力をいただいたうえで、第2回「『エクリプス・フェイズ』体験会」が開催される予定となっております。

 また、Analog Game Studiesに発表された『エクリプス・フェイズ』の記事に関して、読者の方よりご指摘をいただき、レポート・翻訳記事・資料リスト等の一部を訂正いたしております。ご指摘を感謝いたします。また、ご報告が大変遅くなりましたことをお詫びいたします。これは私(岡和田)の不徳の致すところであり、今後も誠意をもって対応させていただきたいと思います。

 それでは、今後ともAnalog Game Studies、そしてAnalog Game Studiesの『エクリプス・フェイズ』のサポートをよろしくお願い申し上げます。
posted by AGS at 18:19| ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。