2011年04月03日

5月3日〜4日の「SFセミナー2011」で『エクリプス・フェイズ』のパネルが立ちます!

5月3日〜4日の「SFセミナー2011」で『エクリプス・フェイズ』のパネルが立ちます!
 岡和田晃

―――――――――――――――――――――――――――――

 Analog Game Studiesをご覧の皆さまは、毎年ゴールデンウィーク頃に東京で開催される「SFセミナー」というイベントをご存知でしょうか?

 SFというジャンルは昔からファン活動が盛んですが、そのなかでも「SFセミナー」は1980年から毎年開催されているサーコン系(理論的な考察を中心とした)SFイベントの老舗であり、春の代表的なSFイベントとしての地位を不動のものとしています。

 そして、SFセミナー実行委員会さまのご厚意により、2011年5月3日〜4日に開催される「SFセミナー2011」の合宿企画で、ポストヒューマンRPG『エクリプス・フェイズ』についての企画を立てることができました。

 以下、企画の詳細になります(参加者向けの案内に掲載いただいたものを、微修正したものです)。ぜひとも参加をご検討下さい。

 追記:SF乱学者の大宮信光さまに、熱い応援をいただきました。ありがとうございます!

 企画名:
 新世紀のポストヒューマンRPG『エクリプス・フェイズ』を語ろう


 出演(予定):
 岡和田晃、蔵原大、齋藤路恵(ほか)

 解説:
 『エクリプス・フェイズ』は、アメリカのRPG(未訳)。プレイヤーは、肉体改造、拡張現実など(サイバーパンク以降の)最新テクノロジーに満ちた未来の太陽系を生きる人々を演じることになります。そこでは肉体など、もはや仮初(かりそめ)の器にすぎません。データを再ダウンロードすれば問題なし。精神は人間でも外観はイルカ、なんてキャラクターも思いのままです。陰謀と頽廃に満ちた未来世界で、あなたは何を視るでしょうか?

 詳しくは、Analog Game Studiesの記事「『エクリプス・フェイズ』(Eclipse Phase):さぁ黄昏の未来世界にようこそ!」をご覧下さい。

 ブルース・スターリングやヴァーナー・ヴィンジ、チャールズ・ストロスら、サイバーパンクの基礎を築き発展させてきた、優れたSF作家たちの提示したフレームに、ゲームならではの切り口で正面から向き合い、プレイ可能なレベルにまで落とし込んだこの魅力的な作品を、日本のイベントで初紹介させていただきます。

 ゲームについて詳しくない方も歓迎いたします。ぜひどうぞ。あっと驚くゲストも参加するかも!?



Eclipse Phase Core Rulebook

Eclipse Phase Core Rulebook

  • 出版社/メーカー: Posthuman Studios, LLC.
  • 発売日: October 13, 2009
  • メディア: Hardcover, Full Color




 おまえの精神はソフトウェア プログラムせよ
 Your mind is sodtware. Program it.

 お前の肉体は殻 脱ぎ替えよ
 Your body is a shell. Change it.

 死は病に過ぎない 治療せよ
 Death is a disease. Cure it.

 滅亡は迫っている 戦え
 Extinction is approaching. Fight it.


●日時
2011年5月3日(火)〜5月4日(水)

●会場
昼企画  全電通労働会館ホール(千代田区神田駿河台3−6) 10:00開場〜16:00終了(予定)
合宿企画 ふたき旅館(文京区本郷6−6−3) 19:00開始〜8:00終了(予定)


本年は例年と開催日が異なります。ご注意ください

なお、申込方法等、詳細は決まりしだい、SFセミナー2011の公式サイト(http://www.sfseminar.org/)で公開されます。
※合宿のみの参加はできないようですので、ご注意下さい。また、本会料金と合宿料金、ともに必要となります。

―――――――――――――――――――――――――――――
Bibliography: EclipsePhase-2nd.pdf which has been produced from Catalyst Game Labs and Posthuman Studios in 2009-10, quotation translated by Naofumi Yaegashi.
posted by AGS at 00:41| エクリプス・フェイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。