2010年12月18日

ウォーゲームを製作する歴史学の講義:フィリップ・セイビンの革新的試み

【レビュー】ウォーゲームを製作する歴史学の講義:フィリップ・セイビンの革新的試み
 蔵原大

―――――――――――――――――――――――――――――

 ロンドン・キングス・カレッジの戦略学教授フィリップ・セイビン(Philip Sabin)は、大学・大学院の講義で学生たちにウォーゲームを製作させて歴史の動きを理解させるという授業を続けています。

 詳細は以下をご参照のほど。

 ○ Conflict Simulation :Philip Sabin :King's College London: ( http://www.kcl.ac.uk/schools/sspp/ws/people/academic/professors/sabin/conflictsimulation.html )
 ○「歴史上の紛争を表現するシミュレーション手法」( http://www.fuyoshobo.co.jp/b-sen-4-8295-0487-1.html )

―――――――――――――――――――――――――――――

【ウォーゲームの製作は立派な歴史研究です】


 フィリップ・セイビンの教育理念は上記資料で解説されていますので、ここでは要点のみ簡単に紹介します。

 セイビンの授業の目的は、文献史学では解明しにくい歴史の動き、とくに「空中戦の戦術、第二次ポエニ戦争や第二次世界大戦といった戦況の動向を視覚化する」(to illustrate topics such as aerial dogfight tactics or the strategic dynamics of the Second Punic or Second World Wars)ことに力点を置いています(*1)。従って彼の講義では単にゲームを制作するというよりは、史学上の先行研究を踏まえた上でその要約としてのシミュレーションを作ります、というわけで講義を聴講する学生はそのセイビンの方針にそってゲームを設計しています。なお授業で提出されたゲームが上記webページで無料公開されているのも面白い所です。

 ここで面白いのは、セイビンは「ハリウッド風のド派手な活劇を重んじて正確性を犠牲にする作品」(those where accuracy is sacrificed for Hollywood-style dramatics)を嫌い(*2)、コンピュータを用いない所謂アナログゲームを制作するよう学生を指導している事です。ですから愉しみのためのゲームというよりは、学術研究としての評価に堪えうる一種の論文、としてウォーゲームが制作されている事になります(事実、セイビンのサイトで公開されている一連のゲームのルールブックには参考文献リストが付いていました)。

 どんな学生作ゲームがあるのか、上記の講義用ウェブページから一部抜粋してみました。

Alexander at Arbela (331 BC), by Panagiotis Bakalis
The Battle of the River Trebia, 218 BC, by Matthew Brown
Gladius et Sarissa (Cynoscephalae, 197 BC), by Michael Ng
Clash of Empires (Magnesia, 190 BC), by Simon Elliott
Whigs and Scalps (French & Indian War, 1754-60), by Kevin Forcet
Battle to the Gates of Hell (Bunker Hill, 1775), by Timothy Mason
Turning the Tide (Bemis Heights, 1777), by Jerry Schultz
Westminister Abbey or Glorious Victory (Cape St Vincent, 1797), by William Jobling
Death on the Nile (1798), by Paul Banner
Austerlitz 1805, by Konstantinos Tigkos
Bautzen: the Beginning of the End (1813), by Stephen Ho
1847: The Road to Mexico City, by Derek Liu
Mexico City Campaign (1847) by Francisco Franco
1st Manassas (1861), by Alexander Woodward
Grant vs Lee: The Overland Campaign (1864), by Nicholas Inns
La Bataille de la Bouteille, Champagne 1915, by Jonathan Krause
The Battle of Jutland (1916), by David Chisholm
The Battle of Brunete (1937), by Viktoria Spaiser
Suomussalmi (1939-40), by Jonathan Woollgar
Comet (Crete, 1941), by Andrew McGrenary
1941: Fall of the Fortress (Singapore), by Shiqin Ku
The Battle of Midway: Four Fatal Hours (1942), by Matt Jeffrey
The First Battle of Alamein (1942), by Jamie Walsh
Sensuikan (Solomons submarine warfare, 1942), by Alessio Patalano
When Hell Froze Over (Stalingrad, 1942), by David Hiley
Outward North Atlantic Slow Convoy Five (1943), by Nicolas Benton
The Citadel of Prokhorovka (Kursk, 1943), by Dimitris Terzis
Operation Husky (1943), by Silvia Ricchetti
Anzio – Drive to Rome (1944), by William Durrant
Trenches in the Tropics (Dien Bien Phu, 1954), by Pierre Bartouilh de Taillac
The Battle of Algiers (1957)by Antoine de Gunzbourg
Plei Me (1965), by Edward Farren
Thiet Giap, the struggle for An Loc (1972), by Arrigo Velicogna
Task Force 421 (Iran-Iraq naval war, 1980), by Farzin Nadimi
Afghanistan 1980, by Barnaby Cook
Day of the Rangers (Mogadishu 1993), by Daniel McGrath
Battle for Fallujah, April 2004, by John Anderson


 ちなみにセイビン教授自らも、古代戦を再演するウォーゲームの概説書Lost Battlesを刊行しています。ちなみにセイビン先生曰く、書名はドイツの将軍フォン・マンシュタイン『失われた勝利』(Verlorene Siege)になぞらえているのだそうです。

Lost Battles: Reconstructing the Great Clashes of the Ancient World
Lost Battles: Reconstructing the Great Clashes of the Ancient World [ハードカバー] / Philip Sabin (著); Hambledon Pr (刊)

『失われた勝利』
失われた勝利〈上〉―マンシュタイン回想録 [単行本] / エーリヒ・フォン マンシュタイン (著); 本郷 健 (翻訳); 中央公論新社 (刊) 失われた勝利―マンシュタイン回想録〈下〉 [単行本] / エーリヒ・フォン マンシュタイン (著); 本郷 健 (翻訳); 中央公論新社 (刊)

************************************************************************
【脚 注】
(*1)Philip Sabin. 2008. "Simulation Techniques in the Modelling of Past Conflicts." Conflict Simulation :Philip Sabin :King's College London. Retrieved Nov.16, 2009 ( http://www.kcl.ac.uk/content/1/c6/05/06/60/SIMULATIONTECHNIQUESINTHEMODELLINGOFPASTCONFLICTS.doc ), p.2.
(*2)ibid.. p.2.
posted by AGS at 18:08| レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。